こどもの口腔筋機能の矯正
トレーナーの装着(使用)と筋機能トレーニングを行い、本来個々がもっている正しい顎顔面の成長をうながします。それに伴い歯列も自然で理想的な歯並びをかくとくします。

何が歯並びの問題を引き起こすのでしょうか。
多くのこどもが歯並びや顎の発達の問題を抱えています。
最近の研究では、口呼吸、舌の突き出し、間違った飲み込み癖、指しゃぶりなどの口腔習癖が原因のひとつであることがわかっています。これらの癖はこどもの顎の発達を抑制し、その結果歯並びの問題を引き起こします。これらの原因は従来のブラケットによる治療では改善することはできません。

正常な歯並びと乱れた歯並び
舌、頬、唇の機能は歯並びに影響を与えます。正常な機能を呼吸パターンを習慣づけることによって顔貌が正しく発達します。

治療目標
筋機能を改善し健康的に正しい顔面成長へうながします。
・会話、食事の時以外は口を閉じる
・鼻から呼吸をし、上下の顎の正しい発達と咬み合わせを達成
・前歯の正しい整列のために、飲み込み時に唇を動かさない
・歯列を改善
・顔貌の発達の改善

矯正装置の装着は、一日2時間と就寝時
左記の矯正装置は上下顎の発達の問題を治療しながら口腔習癖の改善をする3段階のシステムです。
永久歯の生えてくる頃に最も効果的です。



トレーナーによる矯正治療  当院症例 8歳(期間6ヶ月)